元気な人が入居する有料老人ホームとは

  • 有料老人ホームの重要事項説明書とは

    • 有料老人ホームにこれから入居しようとする場合、契約に先立って、重要事項説明書とよばれる書類が手渡され、その内容についてくわしい説明を受けることになります。



      説明が終わった後にも、説明をした人、説明を受けた人双方が署名をして、あやまりがないことを確認しあうという手続きが設けられています。


      こうした確認については、あらかじめ有料老人ホームを所管している各都道府県の部局が義務付けをしているものであって、契約を締結してしまったあとで、見込みと違って後悔するということをなくすために不可欠のものです。

      入居しようとする側としては、重要事項説明書にすみずみまで目を通して、疑問に思う点があれば、その場で質問をして、疑問がないようにすることがたいせつといえるでしょう。

      この重要事項説明書に書かれていることがらですが、まずは有料老人ホームの事業主体や建物の概要などの基本が網羅されており、これには名称や所在地、代表者、許認可の日付、入居者の人数などといったものがあります。


      また、施設で提供されているサービスの内容、医療機関との連携体制、職員の数や体制、契約解除の際の手続きなどについて記載されています。

      介護付き有料老人ホーム情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

      さらに、利用料金に関しても、それぞれの費目の算定の根拠やその金額、支払いの方法、前払金の保全先などが記されています。

      いずれも重要なことであるのはあきらかですし、様式も都道府県ごとに決まっていますので、たとえば複数の有料老人ホームのメリットやデメリットを比べるのにも役に立ちます。

      エキサイトニュースの専門知識を身につけましょう。

top